Excelで列を特定のセルの幅で自動調整する

列の幅を普通に自動調整すると、その列で幅が一番必要なものに合わせて、幅が調整されます。一部の例外で極端に長いセルのために、通常のセルに余白が多くなり、レイアウト調整に手間をかけることになる場面をよく見ます。そこで特定のセルの幅に合わせて列全体の幅を自動で調整する方法の紹介です。

列幅を調整する

まずは列幅を指定して調整する方法です。

列幅を調整するには、列のヘッダを右クリックし、”列の幅”をクリックします。ダイアログが立ち上がるので、列幅を入力しOKボタンを押すと、指定した幅に調整される。複数の列を選択し、この手順を踏んだ場合はすべて同じ幅に設定されます。

列の幅を一括で自動調整する

特定のセルの幅に合わせて列幅を自動で調整する

特定のセルの必要幅に合わせて列幅を自動で合わせるには、基準となるセルを選択し、ホームタブのセル→書式→列幅の自動調整を選択します。すると、選択されているセルのもっとも幅の必要なセルに合わせて、列幅が調整されます。複数の列のセルを選択しているときは、それぞれの列の中で最も幅の必要なセルに合わせて、列幅が調整されます。

ホームタブ内に書式の項目がない場合は、ファイルメニュー→オプション→リボンのユーザー設定から設定してください。

VBA

VBAでやる場合は

Selection.Columns.AutoFit

SelectionはRangeオブジェクトを直接指定することも可能です。