Rangeオブジェクトで取得

example(VBA)

Sub Main()
  '単純にひとつのセルを選択
  Range("A1").Select
  
  '複数のセルを選択
  Range("A1,A3").Select
  
  '連続する複数のセルを選択
  Range("A1:A3").Select
  
  'あわせて使用することも可能
  Range("A1:A3,C1:C3").Select
  
  '名前での指定でも可能
  Call ThisWorkbook.Names.Add(Name:="Name1", RefersTo:="=A1:A3")
  Range("Name1").Select
End Sub

Rangeオブジェクトは基本的に複数範囲の適用が可能です。


Cellsプロパティで取得

example(VBA)

Sub Main()
  Dim i As Integer, m As Integer
  
  'ひとつのセルを取得
  Cells(1, 1).Select
  
  '引数が数値なのでFor文が楽!!
  For i = 1 To 10
    For m = 1 To 3
      Cells(i, m).Select
    Next
  Next
  
  '特定範囲の中のセルをひとつづつ取得
  For i = 1 To Range("A1:A10").Cells.Count
    Range("A1:A10").Cells(i).Select
  Next

  'Offset分的な使い方も!?
  Range("A1:B10").Cells(3, 1).Select
End Sub

Rangeが範囲なのに対して、Cellsはセル自体です。