値の設定

example(VBA)

Sub Main()
  Dim vals(10, 2) As String
  Dim i As Integer, m As Integer
  
  'セルに値の設定
  Range("A1").Value = "A1"
  
  For i = 0 To 10
    For m = 0 To 2
      vals(i, m) = CStr(i) & "-" & CStr(m)
    Next
  Next
  '複数セルに値の設定
  Range("B1:C11").Value = vals
  '動的配列ならResizeを使用すると楽
  Range("D1").Resize(UBound(vals), UBound(vals, 2)).Value = vals
End Sub

一括して値を設定するなら、二次元以上の配列の必要があります。もし、一次元の配列を入力したい場合は、vals(10,0)とする必要があります。


式の設定

example(VBA)

Sub Main()
  'A1形式
  Range("A1").FormulaLocal = "=SUM(B1:B10)"
  'R1C1形式
  Range("A2").FormulaR1C1Local = "=SUM(RC[1]:R[11]C[1])"
  Range("C1").Resize(10, 1).Formula = "=RC[-1]*10"
End Sub

R1C1形式でもA1形式でも式の設定は可能です。 R1C1形式だと、一括して設定したい場合に楽です。