タグ:

サーバー上のコンテンツの取得

サンプルコード

Imports System.Net

Sub Main()
  Dim webPath As New Uri("URLを指定")

   'サーバーにリクエストを送信するHttpWebRequestクラスを作る
  Dim WebReq As HttpWebRequest = WebRequest.Create(webPath)

  'HttpWebResponseクラスの作成
  Dim WebRes As HttpWebResponse = WebReq.GetResponse()

  'サーバーからのレスポンスを表示する。

  '応答の文字セットを取得
  Console.WriteLine("CharacterSet :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.CharacterSet)

  '応答の本文をエンコードするために使用するメソッドを取得
  Console.WriteLine("ContentEncoding :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.ContentEncoding)

  '要求で返されるコンテンツ長を取得
  Console.WriteLine("ContentLength")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.ContentLength)

  '応答のコンテンツ(タイプを取得)
  Console.WriteLine("ContentType")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.ContentType)

  '応答のコンテンツ(タイプを取得)
  Console.WriteLine("Cookies")
  For Each cookie As String In WebRes.Cookies
    Console.WriteLine(vbTab & cookie)
  Next
        
  '最後に変更された日付と時刻を取得
  Console.WriteLine("LastModified :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.LastModified)

  '応答を返すために使用するメソッドを取得
  Console.WriteLine("Method :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.Method)

  'HTTP プロトコルのバージョン
  Console.WriteLine("ProtocolVersion :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.ProtocolVersion.ToString())

  '要求に応答したインターネット リソースの URI 
  Console.WriteLine("ResponseUri :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.ResponseUri.AbsolutePath)

  'レスポンスしたサーバーの名前
  Console.WriteLine("Server :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.Server)

  '応答のステータスを取得
  Console.WriteLine("StatusCode :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.StatusCode)

  'ステータス記述を取得
  Console.WriteLine("StatusDescription :")
  Console.WriteLine(vbTab & WebRes.StatusDescription)

  'HttpWebResponseインスタンスを閉じて、リソースを解放する。
   WebRes.Close()
End Sub