MDBへ接続

サンプルコード

Imports System.Data.OleDb
Sub Main()
  Dim conectStr As String = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source="
  Dim DB_File As String = "C:\test.mdb"
  Dim Conection As New OleDbConnection(conectStr&DB_File)
  
  Conection.Open()
  Console.WriteLine(Conection.State)
  Conection.Close()
End Sub

conectStrはユーザー認証などがなければほぼ固定なのでコピペしてください。このサンプルではインスタンス時に接続文字列を渡して設定していますが、 Conection.ConnectionString = conectStr&DB_File とすることで、インスタンス時に渡した文字列から変更することもできます。


SQLサーバーへ接続

サンプルコード

Imports System.Data.SqlClient
Sub Main()
  Dim FileName ="C:\test.mdf"
  Dim CnStr As String = "Data Source=.\\SQLEXPRESS;Integrated" &
                        "Security=True;UserInstance=True;" & 
                        "AttachDbFilename=" & filename & ";" 
  Dim Cn As New SqlConnection(CnStr)
 
  Cn.Open()
  MsgBox(Cn.state)
  Cn.Close()
End Sub

この例では、接続のインスタンス時に接続文字列を渡していますが,ConnectionStringのプロパティに文字列を設定することによっても接続文字を設定することができます。


レコードをデータセットに取得

サンプルコード

Imports System.Data.SqlClient
Sub Main()
  Dim ConectStr As String = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=C:\Northwind.mdb"
  Dim Conect As New OleDbConnection(ConectStr)
  Dim SelectComand As String = "Select * From 運送会社"
  Dim DataAdpt As New OleDbDataAdapter(SelectComand, Conect)
  Dim DS As New DataSet()

  DataAdpt.Fill(DS)
  DataGridView1.DataSource = DS.Tables(0) '確認用に表示
End Sub