ピボットテーブル(グループ化)

ピボットテーブルでのグループ化とは関連するデータをまとめて集計する事です。ここではグループ化の機能をつかって、日付単位でのグループか、任意の文字でのグループ化の方法を紹介したいと思います。

日付によるグループ化

行のどこかを右クリックし、メニューより"グループ化"を選択してあげます。

ダイアログが立ち上がるので、グループ化する単位を選択してあげます。

基本的に列でグループ化したい時は列のどこかを右クリックし、あとは同じような手順でOKです。

不要な項目を削除する

上の手順のままだと、月毎にグループ化された日付が並んでしまいますが、単純に月の合計のみを知りたい場合、最初のグループ化する段階で、月のみを選択してあげればよいのですが、そうもいかないときのほうが多いですよね。

そういう時はフィールドにグループ化した項目(この例で行くと"月")が新たに追加されていますので、それのみを残してあげれば、単純に月の合計を得ることができます。

つまり、グループ化した単位のフィールドを残して、不要なものをフィールドから外せば日うような項目に絞った集計が可能となります。

任意の項目でグループ化

グループ化したい項目をすべて選択します。この時複数項目を選択するので"ctrl"キーを押下しておく必要があります

次に分析タブ内の"グループの選択"をクリックすると、グループ1等仮の名前がついたグループが作成されます。

グループ名の変更は通常のセルの文字を変更する手順と同じで、"F2"キーを押下することで可能です。

グループ名の変更は通常のセルの文字を変更する手順と同じで、"F2"キーを押下することで可能です。

グループ化するべき項目が漏れていても、初めからやり直す必要はありません。漏れてしまった項目とまとめるべきグループをすべて選択してあげて、再度グループの選択をクリックしてあげれば追加されます。s